東京の美容クリニックで目の二重整形を体験

二重施術の治療法

二重まぶたに憧れていた二重施術の治療法形を維持する努力をしています

カウンセリングでは二重施術の治療法を、埋没法と切開法に分けて、それぞれの特徴やメリット・デメリットごとにわかりやすく説明してくれ、初心者でもわかりやすい言葉で説明してもらえたので本当に助かりました。
実際に話を聞いて感じたのが、手軽に美しい二重まぶたをつくることができることだけではなく、ダウンタイムが短い点でした。
以前は二重治療といえば切開法が主流だったので、術後は患部が腫れてしまい周りに治療を受けたことがバレてしまうことが心配でした。
しかし埋没法なら切開を行う必要がないので、術後の腫れも最小限で済むことや、コンタクトレンズやメイク用品の使用も、術後3日後なら問題なく使えると説明されたので、これなら有給休暇を使えば社会人でも無理なく施術が受けられることが魅力的に感じました。
それぞれの治療法の特徴を踏まえ実際に施術を受けることに決めたら、実際に医師がどのような二重ラインにするか聞いた上でデザインを決め、麻酔処置を行います。

目を大きくする整形まとめ🔻

二重整形→埋没法、全切開、部分切開
蒙古襞を解消する→目頭切開法(Z法、W法、三日月切開)
横幅を広げる→目尻切開
垂れ目にする→グラマラスライン形成・靱帯移動
厚ぼったい瞼を解消する→眉下切開、ROOF切除
黒目の開きを良くする→眼瞼下垂#全切開 pic.twitter.com/xVXbYM5R1u

— 輪郭整形の名医相談窓口@エラ削り•頬骨縮小•顎セットバック •オトガイ形成•両顎手術•脂肪吸引の失敗 (@seikeida) September 7, 2021